知っておいた方がいい耳の病気

  • TOP
  • > 知っておいた方がいい耳の病気

耳の病気について

田﨑橋耳鼻咽喉科クリニック 院長 坂井 友二


風邪の時期、急性中耳炎はとても多い耳の病気です。特に子供に多いのですが鼻風邪と思い内科的な治療を進めていてもなかなか治らず、実は急性中耳炎にかかっていたというケースも少なくありません。さらに最近では大人や高齢者でも通年性のアレルギー性疾患が増え、鼻炎から耳への影響が懸念されます。
きちんと治療しないと慢性中耳炎や滲出性中耳炎を起こし、難聴の原因になることもあります。 自己判断で治療をやめず、完全に治るまできちんと続けることが大切です。


田﨑橋耳鼻咽喉科クリニック 会長 宮村 健一郎

症状について


急性中耳炎

耳の病気で乳幼児に特に多いのが急性中耳炎です。
鼻風邪やアレルギー性鼻炎によって鼻や喉に付着したウイルスや細菌が、耳管を通って中耳に入り感染し起こります。乳幼児は耳管が大人に比べて太く短く、機能も十分に発達していないため、ウイルスや細菌が侵入しやすく、抵抗力も弱いため、起こりやすくなります。

症状

耳の痛みや発熱を伴うのが特徴です。放置すると鼓膜が破れ、耳だれが出始めることもあります。言葉で伝えられない赤ちゃんは、機嫌が悪い、急に泣き出す、耳をよく触るなどの様子が見られます。

治療法
抗生剤などの内服、点耳薬などですが、重度の場合は鼓膜切開が必要です。鼓膜切開は心配される方も多いですが、鼓膜は再生するので1週間程で閉鎖します。 治療途中で滲出性中耳炎になったり、放置すると慢性中耳炎に移行することもあります。難聴の原因になることもあるので、最後まで治療を終えることが重要です。


滲出性中耳炎
  1. かぜや急性中耳炎により、中耳の中に分泌液がたまる。
  2. 耳管の鼻の方の入口が肥大しふさがり、中耳の空気の出入りが悪くなっている。
  3. 急激な気圧変化で、中耳の空気の出入りが悪くなっている。
  4. 耳管の働きが低下している。
症状

痛みがないことから気づくのが遅くれたり、子どもが症状を訴えることが少なく、再発を繰り返すことが多い病気です。子どもが声かけに反応しない、聞き返しが多い、テレビの音を大きくしたり、近づいて見ているなどの症状があるときは注意して下さい。

対処方法

治療始めは内服薬ですが、長引く場合は鼓膜切開し中耳内の分泌液を出します。再発を繰り返す場合は鼓膜チューブを入れる治療法もあります。手術が困難な癒着性中耳炎に移行することもあるので、早めの受診が大事です。

診療時間

診療医師のご案内

診療スケジュール 診療時間 午前9:30~13:00 午後15:00~18:30
電話番号 096-367-8688 FAX番号 096-367-8682

熊本市西区田﨑2-1-66

ページのトップへ